仕事探しをする時は職業について考えることが大切

仕事と職業という言葉がありますが、何か違いがあるのでしょうか。

解説しようにも、明確な違いが思い浮かびません。

明確な使い分けはどこにあるかを考えてみても、これといったものはないと感じている人も結構します。

言葉の示すところを調べてみると、職業とは生計を維持するたのやり方であり、仕事は生きるためにすることです。

仕事とは、生きていくために必要なお金を人からもらうためにする行為であり、報酬金があるものに対しては仕事と表現します。

他方で職業とは、製造業、販売業、サービス業、飲食業など、どんな形で仕事をしているかを表現するための言葉です。

職業は、仕事の中でも一部の内容を意味していますが、仕事はもっと広いニュアンスを持った言葉である言うことができます。

職業選びと、仕事選びは、ほぼ同じようなことを意味していることもあるため、まずは職業を吟味して、どの職業につきたいかを考えてみてください。

どんな仕事をしたいかを考える時には、個々の職業について情報を集めることから始めていきましょう。

今の職業とは、畑違いの分野への転職を望む人もいますが、その場合、実績も経験もない状態での転職活動になってしまいます。

これまでの実績や経験を活かした職業を選ぶことで、転職活動がスムーズにいくようになるものです。

未経験の業種への転職を果たし、結果的にうまくいったという人も、決して少なくはありません。

現在に至るまでの自分の成し遂げたことを振り返り、どんな職業なら自分に合っているかを知ることが仕事探しのコツです。