就職面接で想定される質問と回答をするときのポイント

質問に答える形で、就職面接は進行するものです。

担当者がどういう意図でその質問をしているのかを推測しながら、質問に答えるといいでしょう。

採用担当者は、就職面接の場では、最初に希望者がどんな人物かを知るために、簡単な自己紹介や、今までの経歴の確認などを行います。

自己紹介では企業が何を求めているのか考えて、簡潔に応募企業で活かせる職務経歴などを語ることがポイントです。

自己紹介の次は、さらに一段踏み込んだ質問になります。

応募者がどんな人となりかを知るためのものです。

あなたの長所を知るとともに、短所がその企業にとってマイナスとならないかを判断したり、あなたのキャリアプランがその企業で実現かのうなのかといったことをチェックします。

自分の至らない部分をどう捉えていて、これから先どうつき合っていくつもりがあるかを、客観的な視点で分析する必要があります。

将来の働き方について質問された時には、その会社で働いている姿を想定した上で、質問の回答を考えましょう。

担当者からの質問に答えるばかりでなく、何か質問がないか尋ねられることもありますので、その質問が来ることを想定して質問はないか考えておきます。

質問はありませんという回答でも問題はないのですが、業務について質問をすることで積極的な態度をアピールできます。

就職面接を受ける時には、よくされそうな質問を想定しておく必要があります。

その質問で何を面接担当者は知りたいのかを考えて回答をしていくことがポイントです。