大学生が気をつけておきたい就職活動におけるマナー

ある程度のマナーは実践できるようにしておくことが、大学生の就職活動では大切になります。

特に会社見学の際には、マナーを知らずに訪問すると、その後の就職活動で不利になってしまうこともあります。

就職活動の出だしでつまづいてしまうことがないように、マナーに配慮をして相手企業を訪れるようにしましょう。

就職先について考える時に、来店が可能なサービス業ならば、実際に訪問してみて、自分の目で見て確かめるという方法があります。

働いている人の姿を直接見ることで、下調べ段階ではわからないことが確認できます。

大学生が就職活動のため、店舗に見学に行く場合はどのようなことに気をつけたらよいのでしょうか。

そのお店のサービス受ける客なのか、就職活動をしている大学生なのかで、訪問の形が異なります。

まず客として行く場合にはスーツで店舗に出向く必要はありませんが、あまりラフすぎる服装は良くありません。

記憶に残しておきたいことや、気づいた事柄はメモをとったほうがいいですが、お店から出た後で記録をとるようにします。

こちらの事情を明らかにして、職場見学をさせてもらう立場に行く場合、スーツ姿が前提です。

挨拶や自己紹介、最後のお礼は欠かさずに行い、不明点は質問をして、理解を深めるようにします。

大学生といっても就職活動にはマナーがありますので、事前に確認をした上で会社訪問をするようにしましょう。